決済代行の業者を利用するメリット

業務提携の手間を省くことができる

主にWeb通信販売業者が、店舗の商品を売買する際にクレジットカードの決済を利用しています。決済をするには、カード会社や電子マネー運営会社などの審査をクリアして加盟する必要があります。顧客はどのカードを利用するかわかりませんし、限られたブランドでは顧客の数がぐっと減ってしまいます。ほとんどの通販会社は、全てのカードのブランドの決済手段を導入することになるでしょう。しかし各ブランドごとに個別に契約する手間がかかるのです。 そこで決済代行会社を利用します。面倒な契約作業までも代行してもらえるので、契約作業にかかる時間と作業を大幅に減らすことが可能になります。つまりサイト運営者は、サイトの立ち上げや商品及びサービスの準備に集中して行うことができるのです。

  

コストを下げて売上管理を簡単に一本化できる

カード会社や電子マネー運営会社などと個別に契約した場合、売上確認や支払サイクルが各社でバラバラになってしまい、管理が面倒になります。決済代行会社であれば、代行会社が提供するシステムによって一括で売り上げを管理することが可能です。 特に近年では、各種電子マネーやコンビニ代行決済など、さまざまな手段が増えているため一社一社管理していると、途方もない作業になってしまいます。決済代行会社が時代に適応すべく、各決済手段をプログラムやアプリケーションなどでまとめるよう管理しています。そのためサイト運営側で余分な管理システムを導入せずにマルチ管理が可能になります。余計な開発費とカードネットワークに接続する専門の設備をそろえずに、コストを下げて決済システムを導入できるのです。