コンビニ決済代行の特徴について

手軽で幅広い支払いに利用可能なコンビニ決済代行

ネット上で決済が完了しない決済方法の中では、コンビニ決済は代表的な方法です。利用者が商品の注文後に代金の支払いをコンビニで行う方法です。払込票とペーパレス方式の二つの方法がありますが、ペーパレスの受付番号方式が主な支払い方法になってきています。 ペーパレスは、商品の注文後に顧客に受け付け番号が発行されて、コンビニのレジで伝えるか、端末に入力あるいは読み込ませて支払う方法なので、手軽に簡単に支払うことが可能です。物販やコンテンツ販売など幅広く利用できるため、業種や業態を選びません。さらに税金や公共料金の支払いなど、多くの自治台で採用されているほど、ポピュラーな決済代行方法として浸透してきています。

  

時間や曜日を気にせず支払うことができる

コンビニ決済代行のメリットは、支払時間を気にせず支払いに行けることです、金融機関だと取引時間が限定されているため、平日の昼間は忙しく支払いに行けない人や、休日に行きたいけれど休日は営業していないため支払いに行けない人がどうしてもいます。支払えずにいると、気が付いたら支払期限に遅れてしまい、延滞料が発生してしまう、キャンセル扱いになることもあります。 その点、コンビニは24時間営業が多く、休日にも支払に気軽に行けるため会社員やパート勤めの主婦なども利用しやすくなります。またクレジットカードを利用できない若年層やクレジットカード決済に抵抗のある人にも、ネット通販などの買い物ができるメリットがあります。