決済代行会社の種類は?

国内決済の決済代行会社について

クレジットカードを使ったオンライン決済の方法で、決済代行会社を分けることができます。顧客がカード決済をした際に、決済情報が国内の金融機関を経由して、カード会社に届くことで処理がされるのが国内決済です。国内の加盟店審査基準による審査手続きを行う必要があります。 この国内決済の特徴として、決済を行う時に手書きの売上票かCAT端末機を使うことが上げられます。また、加盟店審査の際の引き受け基準が厳しくなっており、リスクの高い業態業種だと判断されると審査不可になってしまいます。厳しい分、審査を通過した後は割安な手数料率によるカード決済が可能になります。ボーナス払いや分割払いなど、支払い方法も多種多様になっています。

  

海外決済の決済代行会社とは

決済代行会社を使ってのオンライン決算のうち、カード決済を顧客が行った際に、海外の金融機関を決済情報が経由してカード会社に届いて処理されることを海外決済といいます。海外決済の場合、日本のサイトを使用した場合でも、カード請求明細に海外で利用したと記載される事があります。 加盟店審査の際に引き受けの基準が臨機応変であるため、国内決済で不可とされた場合でも引き受けができることが多くなっています。その分、手数料率が割高になることがありますが、カード決済を実行できます。また、決済はバーチャルターミナルといわれるオンライン決済画面や、カードリーダーなどを使用します。サービスが開始されるまでの期間が早いことも特徴です。