決済代行サービスを導入する方法

レンタル方式のリンクタイプ

決済代行サービスを導入する方法には、システム面から大きく二つの方法に分かれます。名称は決済代行サービス会社ごとに異なりますが、導入方法は大まかに共通していると考えてよいでしょう。 まずはリンクタイプです。ASPとも呼び、完成済みの決済システムをまるごとレンタルする導入方法です。すでに出来上がっている決済システムを使います。システムの開発やインストールなど面倒な手間を省けて、非常に少ない導入工数と低コストではじめられます。 そのため急いで決済サービスを導入したい、予算が少ない、小規模サイトでも種類を充実したい、手間をかけずにショップ制作に時間を割きたいなどに向いています。システムがよくわらない場合でもレンタルで手軽に導入可能です。ただし、機能を追加したい、デザインをカスタマイズしたいなどは融通が利きません。

  

サーバーへのモジュール組み込みタイプ

モジュール組み込みタイプとは、自社のサーバーに決済代行サービス会社から提供される接続モジュールを組み込んで開発する方法です。機能面やデザイン面など柔軟に取り入れることが可能なため、きめ細かい機能を入れる必要があったりデザインにこだわりを持たせたいときにおすすめの導入方法です。 リンクタイプに比べてシステム開発をするため、開発のコストや時間がかかってしまいますが、サイトの規模が大きくしっかりしたシステムを導入するには、モジュール組み込みタイプが良いでしょう。 具体的には、決算画面を思い通りのデザインにしたい、中規模から大規模のサイトを運営したい、決済の仕組みに自社独自の機能を搭載したい、決済システムと自社のシステムを連動させたいときなどに、利用される導入方法です。