決済代行って何?

サイト運営のときに見かける決済代行とは何か

インターネット上での通信販売などのサイト運営を始める際に、決済代行という言葉が出てくると思います。決済代行とは何かというと、商品を購入する際にクレジットカードやコンビニの代引き決済をまとめて業者が受け持つサービスのことです。 あなたが通販で商品を注文するとき、クレジットカードを使って支払い手続きをすることがあるでしょう。クレジットカードを使用して支払うと、クレジットカード会社が早く代わりに支払ってくれます。一度、支払情報を入力すると、購入者は次回から情報入力の手間を省いて購入することが可能ですね。だからクレジットカードで決済できるようになると顧客を取り込みやすいのですが、会社が複数あって管理が大変になってきます。そのため決済代行サービスがあります。

決済代行会社を利用して管理を一元化

決済代行会社の利用にはメリットがあります。一口にクレジットカードといっても複数のブランドがあります。一社ごとに手数料やカード料率が違い、決済報告もバラバラです。商品を大量に販売するようになり、決済するものが増えてくると膨大な量を管理しなければなりません。 そこで決済代行会社で、決済報告と料金をまとめた報告を受けて入金をスムーズに管理することが可能です。さらにクレジットカードやコンビニ決済などとの契約にも便利です。契約内容や条件が異なるため、業務のかたわらに各社の決済の契約をするとなると手間がかかります。決済代行会社であれば、面倒なことを引き受けてくれて時間と労力のコストを削減することができるようになります。